/

ソニーCFO、大規模投資のゲーム機開発見直し示す(一問一答)

ソニー(6758)が26日発表した2011年3月期決算ではゲーム事業の採算が改善し、ネットワーク関連事業が黒字転換した。加藤優最高財務責任者(CFO)は説明会で、今後の家庭用ゲーム機について「プレイステーション3(PS3)のように大きな損失を出すようなプラットフォームは考えていない」ことを明らかにした。コスト先行型の開発を見直す考えを示した。説明会には神戸司郎業務執行役員も同席した。主なやり取りは以下の通り。

――11年3月期でゲーム事業が黒字転換したが、このまま安定的に黒字が続く見通しはあるか。

加藤氏「過去数年の赤字の主な要因はPS3のプラットフォームに多くの技術を盛り込んだ結果、売値とコストに大きな乖離(かいり)が生じたことだ。他社に投資余力がなかったため、自社で数千億円という設備投資をして半導体も作った」

「今は(半導体チップを受託生産する)ファウンドリーの状況も変わっている。PS3のように初期投資に膨大な金額をかけることは、将来のプラットフォームではもう考えない」

――テレビ事業の黒字化に向け、液晶パネルのコストをどう下げるか。

加藤氏「パネルの調達先は韓国のサムスン電子、シャープ、オープン市場――という3つに分かれる。どこからどれだけのパネルを調達するかはマーケット動向を見て最適な方法を考えたい」

「液晶テレビ市場は(今年度)数量で少し伸びる。新興国を中心に小さい画面サイズが伸びるのであれば、適した調達方法を考える。昨年はパネルの調達が思うようにいかず、今年はこの点が大きなポイントだ。パネル以外の材料費を下げ、(製品の)ラインアップを整理し、製造を効率化する定番の取り組みはやっていきたい」

「次世代のディスプレーも念頭に置く。現在主流の液晶テレビなら今のサイクルではなかなか利益が出ない。技術革新をするような施策も考えなければならない」

――海外のサイトで不正アクセスが相次いでいる。

神戸氏「この数日間、いくつかのサイトでハッカーの攻撃と思われる不正アクセスがあったが、(個人情報が大量に流出した)PSN(プレイステーション・ネットワーク)やキュリオシティ(の問題)とは全く別と思っている。抱えている情報や規模感も全く違う。一概に1つのものとしてとらえることはできない」

「今はハッカーによる行為なので、特定の情報を抜き取って、大きな収益や泥棒行為をやろうというよりはハッカーコミュニティの間でのコンテスト的な色彩もあるように感じる。やれることはセキュリティーのレベルをしっかりあげることだ。ネットワークが進展するにあたってハッカーとの向き合い方や、社会全体の仕組みも含めて中長期的には吟味したい」

〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン