/

宮尾日銀委員、追加緩和「景気持ち直し局面で刺激効果もちうる」

日銀の宮尾龍蔵審議委員は26日午後の就任会見で、17日の追加的な金融緩和について「評価や効果への具体的なコメントを差し控える」とした上で、「一般的な話として、景気が持ち直す局面で金利を低下させたり低い金利を維持したりすることは、実体経済により刺激的な効果を持ちうる」との認識を示した。

また、「(景気の持ち直しが)持続的かどうかにかかわるが、企業の収益力が向上し、景気に中立的な金利水準が上昇する場合に(実質金利が下がるので)そうなる」と説明した。〔NQN〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン