2018年2月20日(火)

東証、マザーズ上場9社の市場区分を変更

2014/7/25付
保存
共有
印刷
その他

 東京証券取引所は25日、マザーズ上場9社の市場区分を変更すると発表した。

 学習ソフト製販を手掛けるシステム・テクノロジー・アイ(2345)、福祉用具レンタルの日本ケアサプライ(2393)、DNAチップ開発のDNAチップ研究所(2397)、風力発電所運営の日本風力開発(2766)、通信用ソフトウエアなど開発・販売の図研エルミック(4770)、半導体製造・開発のリアルビジョン(6786)、コンピューター周辺機器製造販売のぷらっとホーム(6836)、低価格電話サービスのフォーバルテレコム(9445)の上場市場について、いずれも8月1日付で2部に変更する。省エネ型マンション建設を手掛けるエストラスト(3280)については8月15日付で1部か2部に変更する。

 エストラストは市場変更時に100万株の公募増資とオーバーアロットメントによる追加売り出し最大15万株を実施すると発表した。公募・売り出し価格は8月4日から6日までに決定し、市場区分は価格決定後に決める。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報