2018年7月19日(木)

外食売上高4カ月ぶりマイナス 大雨響き6月1.8%減

2014/7/25付
保存
共有
印刷
その他

 日本フードサービス協会(東京・港)が25日発表した6月の外食売上高(全店ベース)は、前年同月比1.8%減と4カ月ぶりに前年実績を下回った。関東甲信越地方を中心とした記録的な大雨の影響で客足が鈍ったことが響いた。外食全体では客数が4.7%の減少。客単価は3.0%増だったが、客数の減少分を補えなかった。

 ファストフードの売上高は3.2%減で3カ月ぶりのマイナス。このうち、ハンバーガーを中心とする洋風業態が4.8%減少した。また、パブ・居酒屋も7.6%減と落ち込んだ。悪天候に加え店舗数の減少が影響した。

 ファミリーレストランの売上高は1.5%増で14カ月連続のプラス。大雨の影響で客数は0.8%減だったが、客単価は2.3%増と堅調に推移した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報