GPIF資産構成「20年までに再見直し必要」GSの西川氏

(1/3ページ)
(1/3ページ)
(1/3ページ)
2013/11/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

公的年金改革の有識者会議は20日、最終報告を甘利明経済財政・再生相に提出した。約120兆円を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)については、年金財政検証を踏まえた基本ポートフォリオ(資産運用構成)の見直しや運用対象の拡大、ガバナンス(統治)体制の刷新などを盛り込んだ。公的年金運用や財政分析の専門家であるゴールドマン・サックス証券の西川昌宏金融商品開発部部長に、今回の報告への評価や今…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]