/

経財相、新薬など知財巡るTPP交渉「かなり調整進んできた」

甘利明経済財政・再生相は25日午前の閣議後の記者会見で、環太平洋経済連携協定(TPP)における新薬の保護期間などの知財を巡る交渉について「かなり交渉が進んできた」との認識を示した。新薬保護については米国と新興国の間で調整の難航が伝わっている。詳細については「中身は具体的に報告受けていない」と述べるにとどめた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン