/

中曽日銀副総裁、2%物価目標「道筋を順調にたどっている」

日銀の中曽宏副総裁は25日午前、衆院財務金融委員会に出席し、国内経済は緩やかな回復を続けているとの認識を示したうえで、2%の物価安定の目標実現に「道筋を順調にたどっている」と述べた。「見通しに変化が生じ必要になれば調整する」とも説明した。公明党の岡本三成氏への答弁。

海外経済の動向は「全体としては下振れリスクが低下した状態とみている」との認識を示した。今後も「海外経済を含め、国際金融資本市場の動きは注意してみていく」と語った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン