9月全国CPI、4カ月連続上昇 除く食料・エネルギーもマイナス脱却

2013/10/25付
保存
共有
印刷
その他

総務省が25日朝発表した9月の全国の消費者物価指数(CPI、2010年=100)は、生鮮食品を除く総合(コア指数)が前年同月比0.7%上昇の100.5となり、4カ月連続で上昇した。4カ月連続でのプラスは07年10月から08年12月にかけて15カ月連続で上昇して以来、4年9カ月ぶり。ガソリンや電気代といったエネルギーが引き続き指数を押し上げたほか、パソコンなどの教養娯楽用耐久財がプラスとなった。

教養娯楽用耐久財は前年同月比0.4%上昇と2カ月連続のプラスだった。8月に0.1%上昇と21年7カ月ぶりに上昇に転じていたが、プラス幅が拡大した。新製品効果のあったプリンターが83.5%上がったほか、パソコンもデスクトップ型が24.7%、ノート型が12.4%上がった。消費者の購買意欲が回復しているとみられる。

物価上昇がエネルギー以外にも波及してきたことから、食料とエネルギーを除く総合(コアコア指数)は前年同月比横ばいとなり、08年12月以来4年9カ月ぶりにマイナス圏から脱却した。

総務省は10月の全国のコアコア指数について「先行指標とされる東京都区部で低下幅が縮小していることから、9月の横ばいからそれほど変わらない」とみている。

同時に発表した10月の東京都区部のCPI(中旬の速報値、10年=100)は、生鮮食品を除く総合が0.3%上昇の99.7、食料・エネルギーを除く総合は0.2%下落の98.1だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]