/

5月企業向けサービス価格、1年1カ月ぶり上昇 円安など受け

日銀が25日発表した5月の企業向けサービス価格指数(2005年平均=100)は96.3と、前年同月比0.3%上昇した。プラスは昨年4月以来1年1カ月ぶり。前年に落ち込んだ反動など一時的な押し上げ要因が重なったほか、円安の影響で国際運輸関連の価格上昇が響いた。

企業向けサービス価格指数は運輸や通信、広告など企業間で取引される価格水準を示す。5月は前月比でも0.1%上昇と、2カ月ぶりにプラスとなった。

業種別でみると、広告が前年比1.1%下落と4月から下落率を4.2ポイント縮めた。自動車や通信業による新聞広告の出稿が持ち直したことに加え、新製品投入に絡む支出も増えた。

諸サービスは、土木建築関連で昨年に安い案件が多かった反動から、0.5%上昇とプラス幅を拡大。円安が進行したため、主に外貨建てで取引される運賃を円換算した価格がかさ上げされたこともあって、運輸は2.2%上昇した。

一方で、国際運輸を除いた企業向けサービス価格指数の総平均は0.2%下落と12カ月連続でマイナスとなった。日銀は「企業のサービス関連支出の趨勢は大きく変わらず、緩やかな下落傾向を脱したとは断言しにくい」と評価した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン