/

この記事は会員限定です

4~6月決算本格化、業績相場へ移行なるか 市場の見方

[有料会員限定]

4~6月期決算の発表が相次いでいる。円相場の下落を受けて、円安メリットが見込める輸出企業を中心に好業績への期待は大きい。世界的なカネ余りを背景に株価が上昇する「金融相場」から、企業業績の回復に裏付けられた「業績相場」に本格的に移行するか試される決算だ。24日に2013年12月期の業績予想を下方修正したキヤノンがきょうは大幅に下落し、市場には警戒感も広がっている。ここまでの決算発表の評価や今後の相場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン