/

大震災でたばこ出荷一時停止 JT、30日から全銘柄

4月10日まで

日本たばこ産業(JT)は25日、30日から4月10日まで取り扱う97銘柄全ての製品の出荷を停止すると発表した。その後は「セブンスター」や「マイルドセブン」など人気の数銘柄で出荷を再開。5月中旬には主要25銘柄まで出荷できるようにする。

東日本大震災の影響で、フィルターなどを作る材料メーカーの被災や物流の停滞に加え、一部工場が操業停止。供給が不安定になると判断した。

JTは4月のたばこ供給量は1カ月平均の供給量に比べて25%程度と予測。銘柄数を増やす5月には90%まで戻るとしている。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン