/

東電、7月末までに1260万キロワットを追加供給

東京電力は25日、7月末までに1260万キロワットの電力を追加供給するとの見通しを明らかにした。

内訳は鹿島火力発電所など震災による停止から復旧する火力発電所で760万キロワット、横須賀火力発電所など休止中の火力発電所の運転再開で90万キロワットを想定。

加えて定期点検から復帰する火力発電所で370万キロワット、ガスタービン等の設置によって40万キロワットの上積みを見込む。〔日経QUICKニュース〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン