放射性物質の拡散状況、安全委が毎日公表 過去分含め

2011/4/25付
保存
共有
印刷
その他

国の原子力安全委員会は25日夕、福島原子力発電所事故対策統合本部の共同記者会見で、放射性物質の拡散を予測する緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)に関して、単位量放出に基づく予測計算結果の過去のデータについて公開すると発表した。

事故当日の3月11日午後4時以降の毎時刻の結果について、安全委のホームページに掲載する。今後も毎日午後12時に過去24時間分のデータを追加する。

環境モニタリングデータから放出源の情報を逆算して推定した、被曝(ひばく)積算線量の試算結果についても適宜、公表する。これまで3月23日と今月11日にしか公表していなかった。

統合本部の事務局長を務める細野豪志首相補佐官は「放出源の情報が十分に得られず、実際の数値との整合性や運用省庁についても調整に手間取った。放射性物質が最も飛散していたであろう3月半ばに公開できなかったのは大変申し訳ない」と陳謝した。

福島原子力発電所事故対策統合本部は原子力安全委員会や経済産業省原子力安全・保安院、東京電力(9501)などと25日午後5時半ごろから、福島原発事故を巡る合同記者会見を初めて東電本店で開いた。これまで別々に会見を行っていたが、説明が食い違うとの指摘が出ていたため、一本化することにした。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]