/

この記事は会員限定です

ローソン、ポスト・カリスマ時代の課題

[有料会員限定]

24日の東京株式市場でローソンは3日ぶり反発。24日付の日本経済新聞朝刊が「2014年3~5月期の連結営業利益は、170億円弱と前年同期比2割弱増えた公算が大きい」と伝えたことをきっかけに買いが優勢になった。ローソンを12年にわたって率いた「カリスマリーダー」の新浪剛史会長(55)が同社を去ることになったが、反応は限られた。

サントリーホールディングス(HD)の佐治信忠会長兼社長は24日、ローソンの新浪剛...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン