/

トヨタとBMW、スポーツカー・燃料電池を共同開発

記者会見で握手するトヨタ自動車の内山田副会長(左から2人目)とBMWのヘルベルト・ディース上級副社長(同3人目)ら(24日、名古屋市)

トヨタ自動車と独BMWは24日、燃料電池システムやスポーツカーの共同開発で正式契約を結んだと発表した。

燃料電池システムについては、燃料電池車の普及に向けてモーターやバッテリーをはじめとした基本的なシステムから共同で開発を進める。2020年をめどに、両社の技術を生かした燃料電池車の普及を目指す。記者会見したトヨタの内山田竹志取締役副会長は「燃料電池車は(航続距離燃料補給の面で)ガソリン車と遜色ないエコカー。両社の共同開発で燃料電池車の普及が大きく前進する」と強調した。

スポーツカー分野でも共通のプラットフォームについて検討を開始し、本年中に具体的な仕様を決めたい考えだ。車体の軽量化に向けた技術の研究も共同で進め、スポーツカーなどの車種のプラットフォームに活用する方針だ。

両社はさらにリチウムイオン電池の性能を上回る「リチウム空気電池」の研究も共同で進めると明らかにした。両社は12年6月に燃料電池分野などで長期的な戦略的協業関係の構築を目指す覚書を交わしており、今回の関係強化もその一環。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン