米アップルの意地、他社の低価格路線とは一線

(1/2ページ)
2013/7/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQNニューヨーク=増永裕樹】米アップルが23日発表した2013年4~6月期決算は、スマートフォン(スマホ)市場を切り開いてきた同社の「意地」を示した。代名詞である「iPhone(アイフォーン)」が健闘し、同業他社の低価格路線とは一線を画す方針もにじませた。泥沼の採算悪化に陥るとの懸念が薄らぎ、揺らぎつつあった株式市場の信認をつなぎ留めた。

神は細部に宿るという。ふとした一言に重大な意味が隠れて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]