アップル、曲がり角の成長神話 主軸 iPhoneに陰り

(1/2ページ)
2013/1/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQNニューヨーク=増永裕樹】米アップルが23日発表した2012年10~12月期決算は、同社が成長の曲がり角に差し掛かったことを浮き彫りにした。課題だった生産効率の向上に一定の成果が確認されたとはいえ、屋台骨であるスマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」の販売には陰りが見え始めた。株式時価総額の首位まで上り詰めた同社の成功物語が揺らいでいる。

「過去最高の売上高に身震いしている」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]