/

リビア緊迫にマネー動揺 株安が世界を3周

リビア情勢の緊迫を受け、世界の投資マネーのリスク回避姿勢が一段と強まってきた。24日の東京市場では前日の欧米市場から原油高と株安の連鎖を引き継ぎ、主要国の株安は3巡目に入った。日経平均株価は3日続落で、この間の下落率は3.7%。東京外国為替市場では、資金の逃避先として選好されやすいスイスフランが対ドルで最高値を更新。ドルは円やユーロに対しても売られるなど、「原油高で景気の先行きにやや懸念の出始めた米国からマネーが離れる兆しが出てきた」との指摘も聞かれる。

24日の東京株式市場は投資家のリスク回避姿勢がなお強いことを印象づける展開になった。ソニーやホンダなどの代表的な輸出関連株を中心に幅広く売りが先行。「リビアの混乱が長引けば、株式市場でも調整が続かざるを得ない」(日興コーディアル証券の小林久恒氏)との見方から、日経平均は下げ幅を一時150円に広げる場面があった。終値は前日比126円39銭(1.2%)安の1万0452円71銭。東証1部全体の8割以上が下げるほぼ全面安になった。三菱商事や三井物産、住友商事など資源権益を持ち、本来なら原油高の恩恵を受けやすいと前向きに受け止められることが多い商社株にも売りが目立った。「様子見姿勢の投資家が多く、積極的に買い上がる動きにつながりにくい」(コスモ証券投資情報部副部長の清水三津雄氏)という。

この日、金融市場の動揺の起点となったのは23日のニューヨーク市場だ。代表的油種のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)4月物が期近物としては約2年5カ月ぶりに1バレル100ドルに上昇。ダウ工業株30種平均の下落幅は2日連続で100ドルを超えた。早期利上げ観測が高まっている欧州通貨が対ドルで上昇し、円も連れ高した。専門家からは「原油の供給不足は短期的には解決できない」(BNPパリバのシニア・エネルギー・アナリストのトム・ベンツ氏)との悲観的な見方も聞かれた。株安・債券安・ドル安のトリプル安の中で、金先物は7日続伸し、相変わらず退避資金の受け皿になっている。

24日の東京工業品取引所でも原油先物が約2年4カ月ぶりの高値圏に上昇。東京市場でも金先物が上昇した。今回の原油高は供給側の要因による影響が大きいだけに、「マネー変調が中心だったドバイ・ショックや昨年の欧州の信用不安問題などと比較しても大きな問題」(村上尚己・マネックス証券チーフ・エコノミスト)と日本経済への影響を懸念する声が出ている。

外国為替市場でドル安傾向が進んだことも投資家が警戒感を強める一因だ。東京市場では午前中にスイスフランが一時1ドル=0.9275スイスフラン前後に上昇し、昨年12月31日の高値を超えた。三井住友銀行の宇野大介チーフストラテジストは「イラン・イラクには民主化を求める一方で、他の国(の独裁)を放置するなど、米国の中東・エネルギー戦略の自己矛盾が表面化し、ドル資産の信認低下につながっている」と指摘する。

アジアの株式市場は比較的冷静だった。上海総合指数は小動きで推移した。ただ、市場では「原油高でインフレが進めば、中国政府が金融引き締め姿勢を強める可能性も高い」(内藤証券上海代表処の王萍・首席代表助理)と警戒を緩めていない。中東・北アフリカの反体制運動が、中国へと飛び火するかどうかについても引き続き関心は高い。

先週末からの主要国の株価指数下落率はダウ工業株30種平均が2.3%、英FTSE100が2.6%、独DAXが3.1%に達した。世界経済は2008年秋の金融危機から回復の途上にあり、「景気の地熱が強い」(第一生命経済研究所の嶌峰義清主席エコノミスト)との見方は依然として根強い。しかし、世界経済のけん引役である新興国はインフレ抑制に手を焼いている。利上げを急げば、景気の腰折れリスクが高まるというジレンマも抱える。出口の見えない中東・北アフリカ情勢。その落ち着きどころがみえるまでは、世界の投資家の警戒感は解けそうにない。〔日経QUICKニュース 永井洋一〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン