9月の貿易黒字、震災前の水準に 自動車輸出など伸びる

2011/10/24付
保存
共有
印刷
その他

財務省は24日、9月の貿易統計速報値)が3004億円だったと発表した。自動車や自動車部品の輸出額が増えたため。2カ月ぶりの黒字で、東日本大震災が起きる直前の2月の6503億円に次ぐ高い水準だった。原油や液化天然ガス(LNG)といった燃料の輸入額も一方で増え続けており、黒字額は前年同月と比べ61.2%減と減少した。

輸出額は2.4%増の5兆9807億円と、2カ月連続で増えた。自動車が欧州連合(EU)向けを中心に伸び4.9%増、自動車部品は11.5%増で米国、中国などに対して増えた。

輸入は12.1%増の5兆6803億円と、21カ月連続で増えている。原油の輸入金額が増えたほか、火力発電所で用いるLNGも増加。震災以後、同様の流れが続いている。

数量指数でみると輸出は1.7%増、輸入は0.9%増だった。ともに2カ月連続で増加した。

季節調整して前月と比べると、輸出額が2.0%増、輸入額が2.2%減となった。

財務省は、LNGや原油・粗油の輸入額の伸びが輸出を上回り、依然として大きいと指摘。「燃料価格の高止まりや、LNG需要は継続するだろう。海外景気の下振れ懸念や円高もあり、今後の推移を注視する必要がある」と慎重にみている。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]