財務相、消費増税「国際公約に近く変更すれば大変な影響」 

2013/7/23付
共有
保存
印刷
その他

 麻生太郎副総理・財務・金融相は23日の閣議後記者会見で、2014年4月に予定されている消費税率引き上げについて「少なくとも国際公約に近いものになっているから、そういったものを変えるというのは大変な影響を受ける」と指摘。そのうえで「予定通りやらせていただきたい」と述べた。

 菅義偉官房長官は9月発表の4~6月期の国内総生産(GDP)改定値(2次速報)を参考に消費増税の判断をするとしている。だが麻生氏は「今の経済情勢からみたら2次(速報)の方がより高く出る可能性が高い」との見解を示し、8月12日発表のGDP速報値を参考に早期に消費増税の方向性を決めたい意向を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

麻生太郎菅義偉GDP

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報