/

日経平均、上げ幅100円超 先物に仕掛け的な買い膨らむ

23日前場中ごろ過ぎの東京株式市場で日経平均株価は急速に上げ幅を拡大している。上げ幅は150円近くに達し、1万4800円台を付けた。取引時間中の1万4800円台乗せは2営業日ぶり。10時45分ごろからわずか5分程度で日経平均先物9月物が100円程度上昇し、一部の投機的な資金による株価指数先物への仕掛け的な買いが膨らんだとみられる。円高進行を背景に株価下落を見込んでいた売り方の買い戻しも巻き込んでいるとみられ、株式相場は先物主導の様相が強まっている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン