/

マツダ、フィアットとのスポーツ車提携を発表

マツダの2人乗り小型オープンスポーツカー「ロードスター」

マツダは23日、イタリアの自動車大手フィアットと、2人乗りスポーツカーの開発・生産で業務提携すると発表した。マツダが国内で販売する「ロードスター」の基本構造をベースとしたスポーツカーをフィアットに供給。フィアットは傘下のブランド「アルファロメオ」で販売する。両社の車種にはブランドごとに独自のエンジンを搭載するほか、外観も異なるものにするという。

正式事業契約の締結は2012年後半を予定。今後、欧州での協業の可能性についても話し合いを持つという。両社の車種はマツダの本社工場での生産を想定しており、アルファロメオ向けの車両については15年の生産開始を検討している。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン