エルピーダ、資本金1500億円をその他資本剰余金に振り替え

2012/2/23付
保存
共有
印刷
その他

エルピーダメモリ(6665)は23日、資本金1500億円を「その他資本剰余金」に振り替えると発表した。日本政策投資銀行に発行した優先株の買い取り請求が4月以降可能になるため、全株を取得できるよう分配可能額を増やす。資本金は2012年1月末時点の2361億円から861億円に減少する。

日本政策投資銀行が全株の買い取りを求めた場合、エルピーダが支払う金額は約310億円になる。その他資本剰余金に振り替える金額は、分配可能額となる利益剰余金がマイナスであることや、「1~3月期に最終赤字になる可能性を考慮して余裕を持って見積もった」(広報担当者)という。発行済み株式総数に変更はない。

3月28日に開く臨時株主総会で株主の承認を得て実施する。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]