/

黒田日銀総裁「物価上昇など市場の期待は転換しつつある」

日銀の黒田東彦総裁は23日午前、参院予算委員会に出席し、量的・質的金融緩和の導入によって「物価上昇など市場の期待は転換しつつあるし、予想物価上昇率も上昇しつつある」との認識を示した。

金融緩和による賃金上昇など実体経済への影響については「量的・質的金融緩和の推進を通じて実体経済がバランスよく改善し、物価上昇率も徐々に上昇していく好循環を作り出したい。こうした好循環のなかで企業収益や雇用、賃金が改善していくことで幅広い国民にプラスの効果が生じうる」と述べた。

公明党の荒木清寛氏への答弁。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン