/

みずほ銀の西堀頭取が引責辞任 システム障害

みずほフィナンシャルグループは23日、グループの役員人事を発表した。今年3月に大規模なシステム障害を起こしたみずほ銀行の西堀利頭取が責任をとって退任し、後任にみずほFGの塚本隆史社長が就く。みずほFG社長は、みずほコーポレート銀の佐藤康博頭取が兼務する。

このほか、みずほ銀ではIT・システムグループを担当する萩原忠幸常務執行役員が退任する。役員異動はみずほ銀が6月20日付、みずほFGが6月21日付。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン