/

日本通信、iPhone4向けSIMカード発売

ドコモ回線に対応

大証ヘラクレス上場で仮想移動体通信事業者(MVNO)の日本通信は23日、米アップル社の高機能携帯電話端末「iPhone(アイフォーン)4」向けにNTTドコモの回線に対応した小型の「SIMカード」を発売すると発表した。

SIMカードは契約者情報を記録したICカード。日本ではソフトバンクモバイルが他社の回線を使用できないようSIMカードにカギをかけたiPhone4を販売しているため、ソフトバンクモバイルの回線しか事実上使えない状態にあった。カギを解除した端末を海外などで調達して日本通信のSIMカード差し込めば、NTTドコモの回線を利用することが可能になる。記者会見した福田尚久専務は「世界でも優れたNTTドコモのインフラを使ってiPhone4を快適に使うことができる自信作だ」とアピールした。

データ通信と通話が可能なプラチナサービスの月々の利用料金は6260円(無料通話1050円分を含む)で、携帯電話端末を無線LANルーターとして使う「テザリング」も利用することができる。データ通信専用のSIMカードも販売する。6日からメールでの優先予約の受付を開始している。販売目標について記者会見した三田聖二社長は「端末がどの程度の勢いで輸入されるかがカギになる。数か月で2万台くらいを期待したい」と述べた。〔NQN〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン