/

この記事は会員限定です

伊藤東大教授の私案か GPIF資産、 1~2年後に「国内債35%」

テレビ東京番組で

[有料会員限定]

伊藤隆敏・東大教授が22日朝のテレビ東京番組に出演し、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の基本ポートフォリオ(資産運用構成)の1~2年後の姿として国内債券が35%、国内株式20%、外国債券20%、外国株式20%という比率を示した。伊藤教授は公的年金改革を議論する有識者会合で座長を務め、有識者会合は20日に最終報告を甘利明経済財政・再生相に提出したばかり。番組内で伊藤教授は「会合では(具体的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り244文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン