/

この記事は会員限定です

日本株、決算発表本格化へ 乏しい底上げムード

一段高の条件は円安進展

[有料会員限定]

22日午前の東京株式市場は薄商いのなか、相場はもみ合いで方向感に欠ける展開だった。前引けの日経平均株価は前日比5円22銭高の1万4698円79銭だった。9月の米雇用統計発表を日本時間22日夜に控え、様子見姿勢の投資家が多かった。米連邦政府の一部閉鎖で延期となっていた雇用統計の発表を終えると、投資家の視線はいよいよ本格化する上場企業の2013年4~9月期決算に向かう。前日大引け後に今期業績予想を上方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り900文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン