海外勢、「持たざるリスク」が駆り立てる日本株買い

2012/11/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

11月14日の野田佳彦首相の衆院解散表明以降、外国人投資家の日本株買いが鮮明になっている。海外株と比べ長期的にみた日本株の出遅れ感が着目されている。一方で、東証1部全体のPER(株価収益率)は約15倍に上昇。企業業績の点では、一段の上値追いは難しいとの見方も出始めている。

東京証券取引所が22日発表した投資部門別売買動向によると海外投資家(外国人)は11月第2週に2週ぶりに買い越した。買越額は1…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]