日本国債、フィッチが格下げ 円急落

2012/5/22付
保存
共有
印刷
その他

22日夕方の外国為替市場で円相場が対ドルで急落。18時過ぎに一時1ドル=79円85銭近辺を付け、17時時点(79円55~57銭)から30銭ほど円安・ドル高が進んだ。格付け会社のフィッチ・レーティングスが、日本国債の自国通貨建て格付けを「ダブルAマイナス」から「シングルAプラス」に1段階引き下げたと発表したことが円売りを誘った。

外貨建ての格付けは「ダブルA」から「シングルAプラス」に2段階引き下げた。格付けの見通しはいずれも「ネガティブ(弱含み)」としている。〔日経QUICKニュース〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]