/

MBO増加「非常に不快。投資家を愚弄」 東証社長

東証の斉藤社長はMBOで上場廃止する企業の増加に不快感を示した(22日)

東証の斉藤社長はMBOで上場廃止する企業の増加に不快感を示した(22日)

東京証券取引所の斉藤惇社長は22日の定例記者会見で、MBO(経営陣が参加する買収)で上場廃止する企業が増加していることについて「一言でいうと残念。これまでMBOを実施した企業のほとんどが初値の値段よりも株価が低い。株主に高値で買ってもらい増資もしたり、リスクマネーを取っておきながら、株主がうるさいから上場廃止にするというのは心情的に非常に不快で、投資家を愚弄している。資本市場のシステムそのものを毀損する恐れがある」との見解を示した。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン