/

首相と亀井氏、郵政法案早期成立で一致

菅直人首相(民主党代表)と国民新党の亀井静香代表は22日夕、首相官邸で会談し、郵政改革法案や労働者派遣法改正案の早期成立を目指すことで一致した。会談には仙谷由人官房長官、民主党の枝野幸男幹事長、国民新党の下地幹郎幹事長が同席した。

会談では亀井氏が「景気対策を優先すべきだ」と主張。会談後、枝野氏は「亀井氏の主張は首相の『強い経済、強い財政、強い社会保障』と共通している」と記者団に説明した。

国会運営面では首相が亀井氏に「参院で多くの理解を頂けるような丁寧な運営をしていきたい」と理解を求めた。〔NQN〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン