飯舘村や浪江町など計画的避難区域に指定 官房長官が発表

2011/4/22付
保存
共有
印刷
その他

枝野幸男官房長官は22日午前の記者会見で、福島第1原子力発電所から半径20キロメートル圏外で局所的に積算放射線量が上昇している地域を「計画的避難区域」に指定したと発表した。具体的には飯舘村や浪江町、葛尾村の全域、川俣町と南相馬市の一部地域が対象。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]