/

岩田副総裁、デフレ「貨幣的な現象」 通貨量と物価「長期で相関」

日銀の岩田規久男副総裁は21日の就任記者会見で、デフレの原因を問われ「貨幣的な現象だと考える」と述べた。世の中に出回っているお金の総量を示すマネーストック(通貨供給量)と物価上昇率の関係は「長期的にみると相関性が高い」との見方を示した。

マネーストックに関しては、足元で増えていないことを注目すべきだと指摘した。「インフレやデフレが貨幣的な現象だというのは、足元のマネーストックと物価上昇率の間に関係があると言っているのではない。将来は貨幣供給がどこかで出てくると(世の中の人々が)予想し、そこでインフレになるから、だから今のうちに買っておいた方がいいという行動が出てくる」との主張を展開した。

デフレからの脱却局面の最初に貨幣に起こることとして、量が増える前に「流通速度が速まる」と説明。企業は大量の内部留保を抱えているため、銀行融資がすぐに増えるわけではないとした。「銀行貸し出しは3年半から5年くらい増えない。そこから長期的には増えている」と語り、貨幣量と物価の相関関係はあくまで長期的なものと強調した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン