貿易赤字、9月として過去最大 15カ月連続の赤字、最長更新

2013/10/21付
保存
共有
印刷
その他

財務省が21日発表した9月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は9321億円の赤字だった。9月としては2012年(5682億円の赤字)を上回り、比較できる1979年以降で最大となる。赤字は15カ月連続で、これまで最長だった第2次オイルショック下の79年7月から80年8月にかけての14カ月連続を上回った。円安を背景に自動車など輸出額は増えたが、中国からのスマートフォンなど通信機や半導体等電子部品の輸入が増えた。原粗油など燃料輸入も高水準だった。

輸入額は前年同月比16.5%増の6兆9043億円で、11カ月連続で増加した。中国からは通信機のほか、太陽光発電に使う光電池など半導体等電子部品や衣類の輸入が増えた。中国からの輸入額は1兆6824億円と単月として過去最大。これに伴いアジアからの輸入額も3兆1571億円と過去最大だった。

輸出額は前年同月比11.5%増の5兆9721億円。ただ輸出数量指数は1.9%減と3カ月ぶりに減少した。米国向けの自動車や、中国向けにペットボトルなどの原料となる有機化合物パラキシレンの輸出額が伸びた。中国では環境対策の観点からパラキシレン工場の新設に制約があり、日本から調達する傾向が続いている。

為替レート(税関長公示レートの平均値)は1ドル=98円84銭で、前年同月比25.8%の円安だった。

貿易収支を地域別にみると、対中国は6200億円の赤字だった。9月としては最大で、19カ月連続の赤字だった。対欧州連合(EU)も244億円の赤字。9月としては最大で9カ月連続の赤字だった。一方、対米国の貿易黒字は前年同月比24.9%増の5331億円だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]