13年度貿易赤字、3年連続最大 13.7兆円、12年度は8.1兆円

2014/4/21付
保存
共有
印刷
その他

財務省が21日発表した2013年度の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は13兆7488億円の赤字(前年度は8兆1577億円の赤字)だった。年度ベースの赤字は3年連続。比較可能な1979年度以降で最大の赤字を3年連続で更新した。

輸入額は前年度比17.3%増の84兆6053億円で過去最大だった。原子力発電所の稼働停止で火力発電への依存が続くなか、中東からの液化天然ガス(LNG)や原粗油などで高水準の輸入が続いた。中国から半導体など電子部品の輸入が増えた影響もあった。消費増税前の駆け込み需要で年度後半に原材料や製品の輸入が膨らんだことも輸入額を押し上げた。

中国を含むアジア、欧州連合(EU)からの輸入額は過去最大。対EUの貿易収支は2年連続で赤字となった。対中国の貿易収支は2年連続で最大の赤字を更新した。

一方で輸出額は前年度比10.8%増の70兆8564億円で、3年ぶりに増加した。米国向けに自動車、中国向けにペットボトル原料の有機化合物の輸出が伸びた。対米輸出額は2年連続で増加、対EU、対アジア向けの輸出はいずれも3年ぶりに増えた。ただ輸出数量は小幅な増加にとどまるなど持ち直しの勢いは限られた。13年度の為替相場の平均値は対米ドルで前年度比21.1%の円安だった。

同時に発表した14年3月の貿易収支は1兆4463億円の赤字で過去最大の赤字を更新した。赤字は21カ月連続。3月でこれまで最大の赤字は前年同月で3568億円だった。

輸入額は前年同月比18.1%増の7兆8289億円で、17カ月連続で増えた。為替相場の平均値が対米ドルで前年同月比8.7%の円安で、LNGや原粗油など燃料や、半導体など電子部品の輸入額が増えた。

輸出額は1.8%増の6兆3826億円で、13カ月連続の増加。船舶や非鉄金属などが減少したものの、米国向けの自動車、シンガポール向けの鉱物性燃料、中国向けの鉄鋼などの増加が目立った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]