2019年7月23日(火)

電機3社の時価総額、海外大手の買収対象水準に
ソニー・パナソニック・シャープが年初来安値更新

(1/2ページ)
2012/5/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

21日の東京株式市場でソニー、パナソニック、シャープがそろって年初来安値を更新した。相場全体が底堅い値動きを続けたなか、さえない展開になった。前期の大幅赤字の主因とされる薄型テレビ事業の次の稼ぎ頭が見当たらず、欧州問題を背景とした円高進行への懸念がくすぶるなかでは、業績改善を期待した買いが入りにくい。3社の時価総額をみると、いつ海外大手の買収対象になってもおかしくない水準まで減っている。世界的に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。