/

東証、取引時間延長「11月21日から」 昼休みを短縮

東京証券取引所は21日、東日本大震災による夏場の電力不足への懸念から延期していた株式の取引時間の延長を11月21日から実施すると発表した。現物株については昼休み時間を現在の1時間30分から1時間に短縮する。取引時間は午前の立ち会いが9時から11時30分まで。後場は従来と同じ。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン