/

海洋流出の放射性物質「4700兆ベクレル」 福島2号機

東電、汚染水総量は520立方メートル

東京電力は21日、4月初めに福島第1原子力発電所の2号機付近から海洋に流出した放射性物質の汚染水について、流出総量が約520立方メートルになるとの見通しを発表した。海洋流出は2日に東電が確認し、6日に止水した。今回の推計は確認前日の1日から流出が始まったと仮定。6日までの期間で、放射性ヨウ素131やセシウム134、137などを合わせた放射性物質の量は「4700兆ベクレル」という。

流出箇所の止水強化工事は21日に完了した。今後は立て坑の閉塞を行う予定。

沖合への流出を最小限に防ぐため、東電は1号機から4号機までシルトフェンスを設置したほか、発電所の南側防波堤付近に62袋の大型土のうを積んだ。今後はこの防波堤付近に鋼矢板と呼ぶ鉄製の板を置くほか、放射性物質の吸着装置設置を検討する。規模や配置は今後詰める。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン