/

村田製に米国で賠償命令、約20億円 変圧器特許巡り

村田製作所(6981)は20日、米企業が同社に変圧器関連の特許侵害を巡り損害賠償の支払いを求めた裁判の判決が確定したと発表した。一審で2098万ドル(約20億円)の支払いを命じる判決が出ており、村田製はこれを不服として、米国連邦最高裁判所に判決の見直しを求める請求を行っていたが18日、最高裁が請求を退ける判断を下した。

米シンコア社(マサチューセッツ州)が同社が持つ米特許4件を侵害するとして2007年に起こした裁判で、テキサス州東部地区連邦地方裁判所の一審では11年に賠償金支払いを命じる判決が出ていた。これを受け村田製は連邦巡回控訴裁判所に控訴していたが、同裁判所は13年3月に地裁の判決を認める判決を下していた。最高裁の判断で判決が確定する。村田製は賠償金を含む関連費用を13年3月期に引き当て済みで、14年3月期の連結業績への影響は「軽微」とした。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン