<東証>関西電が大幅反発 「グループ企業再編で合理化」と伝わる

2014/5/20付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

(13時35分、コード9503)大幅反発。前場に一時前日比39円(4.3%)高の944円まで上昇した。後場も堅調に推移している。20日付の日本経済新聞朝刊が「2014年度中にも不動産子会社の関電不動産(大阪市)とMID都市開発(同)を統合する」と報じた。エネルギー事業との相乗効果が乏しいグループ企業の統合・売却の先駆けにするといい、経営合理化への期待から買いが入っている。

関電不動産は電気…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]