2019年4月26日(金)

日銀総裁、国債購入「通貨発行に歯止めなくなる」

2012/11/20付
保存
共有
印刷
その他

記者会見する日銀の白川方明総裁(20日午後、日銀本店)

記者会見する日銀の白川方明総裁(20日午後、日銀本店)

日銀の白川方明総裁は20日の金融政策決定会合後の記者会見で、日銀による国債の直接引き受けを巡る議論に対し、「日銀は先進的な金融緩和をしており、大量の長期国債を買い入れている。それが財政ファイナンス(財政赤字の穴埋め)であるという誤解が生じると、長期金利が上昇して実体経済にも悪影響を与える」と語った。国債の買い入れにあたっては「金融・資本市場の受け止め方には十分な注意が必要だ」との認識を強調した。

中央銀行が国債を直接買い入れる財政ファイナンスについては、「国際通貨基金(IMF)が発展途上国においても中銀が行ってはならない項目の最上位に掲げている。通貨発行の権限を持つ中銀が国債引き受けやこれに類似した行為をすると、通貨発行に歯止めがきかなくなり、様々な障害が生じる」と指摘。国債の直接引き受けに対し明確に反対する姿勢を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報