/

マクドナルド、今期純利益61%減に下方修正 客数が落ち込む

日本マクドナルドホールディングス(2702)は19日、2013年12月期の連結純利益が前期比61%減の50億円になると発表した。従来予想は9%減の117億円だったが、半分以下に下方修正した。来店客数が当初予想に比べて減少するため。来期に予定する74店舗の閉店費用を今期に計上することも響く。

売上高は12%減の2600億円、営業利益は53%減の115億円の見込み。従来予想の2650億円、200億円からそれぞれ下方修正した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン