首相「17年度までに待機児童ゼロ目指す」
保育受け皿40万人分を確保

2013/4/19付
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は19日午後の日本記者クラブでの講演で、保育所の待機児童ゼロに向けて「来年度までの2年間で20万人分の保育の受け皿を整備したい」との方針を明らかにした。「保育ニーズのピークを迎える2017年度までに40万人分の保育の受け皿を確保して『待機児童ゼロ』を目指す」との意向も表明した。

日本記者クラブで開かれた記者会見で、再生医療の実用化を推進する方針を表明した安倍首相(19日、東京・内幸町)=共同

そのうえで「保育の実施主体である市区町村にも同じ目標に向かって本気で取り組んでもらわなければならない。政府としても最大限の努力を行い、意欲のある市区町村を全力で支える」と強調。国の支援対象でなかった認可外保育施設についても「将来の認可を目指すことを前提に力強く支援する」と述べた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]