/

首相「再生医療実用化へ大胆に規制・制度見直す」

安倍晋三首相は19日午後の日本記者クラブでの講演で、iPS細胞の研究などといった再生医療や創薬分野に関して「実用化・産業化を力強く進めるため、大胆に規制・制度を見直していきたい」との考えを示した。再生医療で外部委託できるように新たな法案を準備し「今国会に提出したい」と語った。

具体的には、心筋シートなどの再生医療製品を作る場合に必要な薬事法に基づく承認について、審査期間を大幅に短縮できるよう薬事法改正案を今国会に提出する方針を明らかにした。医療機器に関しても「大胆な規制緩和をおこなう」と強調。民間の第三者機関の認証を認めることで審査のスピードアップを図る意向を見せた。

医療機器メーカーについては認可制を登録制に緩和する考えにも言及した。中小企業が技術を生かし、医療関連分野に進出しやすくするのがねらい。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン