楽天とイーアクセス、モバイルデータ通信会社設立を発表

2012/9/19付
保存
共有
印刷
その他

楽天(4755)とイー・アクセス(9427)は19日、共同出資でモバイルデータ通信を手がける新会社「楽天イー・モバイル」を設立したと発表した。出資総額は5億円で、比率は楽天が51%、イーアクセスが49%。新会社を通じて高速携帯電話サービス「LTE」に対応したモバイルデータ通信サービス「楽天スーパーWiFi」を10月1日から開始する。

19日からネット上で端末の申し込みを受け付ける。通信速度は毎秒最大75メガ(メガは100万)ビットで、主要都市の人口カバー率は99%超を実現するという。端末価格は2年契約を前提に実質0円とし、データ通信料金は月額3880円とする。加入者には楽天の仮想商店街「楽天市場」での買い物に利用できるポイントを付与する。

都内で記者会見した楽天の三木谷浩史社長はモバイルデータ通信事業への参入について「電子書籍やネットショッピングなど様々なコンテンツの配信事業を手がけていく中で、会員のニーズも大きくなっている」と述べた。イーアクセスの千本倖生会長は「楽天は強力なデータベースを持っており、我々のネットワークの高速性と融合することで新たなものを生み出せる」と抱負を述べた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]