/

伊藤元重氏、TPP交渉参加「ぜひ実現していただきたい」

経済財政諮問会議メンバーの伊藤元重東大教授は19日午前、都内で講演し、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加を「ぜひ実現していただきたい」と話し、安倍晋三政権で推進するように求めた。TPPの議論が広がった現状では欧州連合(EU)やカナダ、オーストラリアなどとの2国間の経済連携協定(EPA)交渉のほか、「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)もやりやすくなった」との認識を示した。

伊藤氏はTPPや2国間のEPA、RCEPについて「日本にとってすべてやるのがベストだ」とも強調した。

株高や長期金利の上昇といった市場の変化は「安倍晋三政権が成立する前から起こり始めていた」と指摘した。2012年夏以降、米国経済の回復基調や欧州経済が最悪期を脱し始めたと見なされたこと、中国をはじめ新興国経済がこれ以上悪化しないとの見方が広がったことなどを変化の理由に挙げた。そのうえで「皮肉ではないが、野田佳彦前首相は絶妙なタイミングで国会を解散したことになる」と語った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン