/

アサヒ、中国食品大手への出資完了 約435億円

アサヒビール(2502)は19日、中国食品流通大手の頂新(ケイマン)ホールディングに資本参加したと発表した。同社が実施した第三者割当増資を子会社を通じて435億円で引き受け、増資後の発行済み株式の約6.5%を保有する。頂新は傘下に中華料理店など外食事業を持ちアサヒの飲料事業と親和性が高いほか、即席めんのような成長を見込める事業も展開しているため、9月末に資本参加を決めていた。

同時に頂新のグループ会社で、アサヒも約40%出資する持ち分法適用会社の康師傳飲品の株式の一部も頂新に約435億円で売却した。この結果、アサヒの出資比率は31.9%に低下する。2010年12月期の連結業績予想は現時点で変更しない。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン