/

首相、韓国大統領と電話で会談 哨戒艦沈没で支持表明

鳩山由紀夫首相は19日夕、韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領と電話で会談し、韓国の哨戒艦沈没事件を巡り日本として韓国を支持する考えを表明したことを明らかにした。「大統領から事件についての報告を聞いた」と説明したが、詳細については明らかにしなかった。

首相官邸で記者団の質問に答えた。

韓国軍などは20日に合同調査の最終報告を発表する予定。〔NQN〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン