/

亀田製菓、4~9月期営業益66%減に 「柿の種」好調も原料高で

亀田製菓(2220)は18日、2013年4~9月期の連結営業利益が前年同期比66%減の7000万円になったと発表した。従来は3.4倍の7億円を予想していたが、一転して営業減益となる。原料の米やピーナツの価格上昇が利益を圧迫した。競争激化で販売促進費が増えたことも響いた。

一方、主力のお菓子「亀田の柿の種」や「ハッピーターン」は販売は好調で、売上高は17%増の432億円となったもようだ。従来予想は13%増の420億円だった。投資有価証券の売却益を計上、純利益は84%増の6億4000万円と従来予想(73%増の6億円)を上回る見通し。

2014年3月期通期の業績見通しは従来予想を据え置いた。冬場の需要期に向けた新商品の投入や商品価格の見直しで利益確保を狙う。同社は10月から、「柿の種」「海苔ピーパック」「かち揚げ海老わさび」の3ブランドについて1包装あたりの内容量を減らす実質値上げに踏み切っている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン